みのりのキラキラ小部屋 いろいろ

お返しのアイスクリーム

2012-03-28 by admin

3月14日はホワイトデーでした。(前回のブログも同じ書き出しだった気がしますが・・)
私は、彼から1日遅れで、昨日ホワイトデーのお返しをもらいました。
ケーキのような箱だったので、ケーキかな‥と思いました。
箱を開けると、中にドライアイスが入っていたので、ケーキにドライアイスはないよねと思いながら中を出すと、かわいいハート型のアイスクリームが出てきました。
「うわ~!」と思わずさけんでしまいました。
アイスクリームに目のない私のために、彼は、ホワイトデーのお返しは、ホワイトデー専用のアイスクリームを選んでくれたのです。

アイスクリームは、下の方がストロベリーで、上の方がチョコレートでした。
ストロベリーの方には、中に小さい大きさが違うチョコレートが入っていました。
私は、我慢できずに、お皿にとらず、そのままスプーンですくって食べました。
彼もアイスクリームが好きなので、一緒にスプーンですくって食べていました。
テレビを見ながら2人で黙々と食べていると、残り少なくなってきたので、食べてしまうおうか、ということになり、なんとこの大きさのチョコレートを2人で食べてしまいました。
カロリーが気になるところですが、1年に1度のことだからと思って、思いっきりアイスクリームを堪能しました。
素敵なホワイトデーのお返しでした。
ありがとう。

ホワイトデーのお返し

2012-03-26 by admin

3月14日、ホワイトデーでしたね。
ホワイトデーは、男性からバレンタインのお返しがくる日です。
今日が楽しみだという女性も多いのではないでしょうか。
お返しは、3倍返しなども言われていますが、みなさんのところはどうだったのでしょうか。
私の職場でも、男性陣からお返しが届き始めました。
毎年、お返しのパターンは、お菓子を1箱渡して、みんなで分けてください、というパターンと、1人1箱ずつ手渡しでお返しをするという2つのパターンがあります。
毎年、いいものを頂くことが多いので、この日はとても楽しみです。

今年のホワイトデーでもらって嬉しかったお返しは、チョコレートの詰め合わせと、ミニサイズのバームクーヘンが入ったものでした。

パッケージも可愛くて、嬉しくなりました。
食べるのが楽しみです!
女性陣からバレンタインデーに渡すチョコレートは、みんなでお金を出し合って買って、1人に1箱渡します。
それに対して、男性陣は、女性陣みんなにお返しをしなければいけないので、大変だろうな‥と毎年思います。
良い習慣なのかどうなのか‥。
実際のところ男性は、お返しを考えると、チョコレートはいらないと思っている人もいるのではないでしょうか。
でも、間違いなく、今日はみんな男性陣に対する態度がいつも以上に優しかったです。
みんな食べ物には弱いようです。

男性陣の1人が、昔勤め始めたばかりの頃(バブル時代)、バレンタインの日はたくさんのチョコを期待してその日ばかりは車で通勤していたと言っていました。
結果、そんな車いっぱいのチョコを貰えていたのかは不明ですが、バブル時代はそんなことも珍しくはなかったのでしょうか。
そんな男性社員が今乗っているフィットシャトルには、
子供用のチャイルドシートやぬいぐるみがたくさん積んであるそうです。
(その男性社員を街中で見かけた女性社員が言っていました)
そんな風に、月日は人を変えてしまうのですね。

美の秘訣

2012-03-18 by admin

いつまでも美しくありたい。
そんな風に思っていても、理想と現実は違いますよね。
私もこれまで、マスコミの餌食となり数々のダイエットに挑戦しましたが、飽きっぽい私はどれも続かず、購入したダイエット用の機材はクローゼットの中…
私って本当に怠け者だなと思います。

努力なくして、美しさは手に出来ないものでしょうか。
生まれつき太らない体質の方や美肌の方が羨ましくてなりません。

そんな私も30歳を迎えて「このままでは本当にヤバイ」と感じて改心する事を決意しました。今度はダイエット食品やダイエット器具に頼らずに、自分の生活リズムや体質を変えるように、日常の生活を美の生活に改善しようと決意しました。

どの雑誌やメディアを見ても、美しい人は規則正しい生活をし、体にいいものを食するように心がけ、美と健康の生活をしています。
太陽の昇る時間に起き、太陽の沈む時間に眠る。
「自然のリズム」を取り戻す事からはじめよう。と思っています。

ついつい夜更かししてしまって睡眠不足が続いたり、休みの日はグータラ昼過ぎまで寝てしまったり…怠け者の生活を見直して、朝少し早く起きて近所の海辺を散歩したり、夜少し早く寝てゆっくり体を休ませたり、やるべき事に追われるのではなく、自分でリズムを決めてこなしていくと言う生活にしていこうと思っています。

そんなに簡単な事ではないと思いますが、本気で考え直そうと思い立った今なら頑張れる気がします。

低血圧で朝が辛く早起きなんて出来ないと思っている、その感覚を拭い去って「起きる」!!そんな事を言い聞かせて重たい体を引きずって起きた朝、その先に素晴らしい一日が待っていました。朝早く起きる事で朝一番の空気を吸う余裕が出来、こんなに朝の空気って気持ちがいいんだって知りました。朝の太陽の日差しを浴びて、目もパッチリ覚めます。余裕のある朝は、朝ごはんも美味しく、お化粧する時間も、オシャレする時間も、自分にかける時間がたっぷりあります。

時間に追われず余裕のある生活が、朝早く起きる事だけで手に入れられました。
美の秘訣、それは早起きにあるかもしれないなって思います。

欲望

2012-03-17 by admin

欲って恐ろしいなと思うことがあります。物欲・金欲・食欲・色欲…いろんな欲望がこの世の中には渦巻いています。

最近よく聞くニュースでは、母親が子どもを殺したとか、子どもが親を殺したとか…そんな悲しすぎるニュースばかりです。「自分の都合」を最優先にして欲に負けてしまった結果ではないかと思うことが沢山あります。

自分の意見が通らなかったり、思い通りにならなかったり、否定されてカッとなったり…人間には「我慢」と言うものが必要な時が沢山あります。しかし、現代の親は子どもを「怒る事が出来ない」ので、子どもは怒られる事も知らず、我儘が当たり前のように通って、我慢する事を知らずに大人になります。

そんな大人がまともで居られるでしょうか?

大人になればなる程、上手くいかない事のほうが多くなるものです。何でも自分の思い通りにいくと思ったら大間違い。そこで悔しい思いをバネにして説得力をつけていく。そして一人前と認められるまで頑張ってやっと意見が通るようになる。

それが社会です。

同じ「欲望」ならば、我儘な自己よがりの欲ではなく、向上心や努力、自分を高めるための良い欲の使い方をしたいですね。
欲望と言うものが悪いものではありません。「意欲」と言う様に、欲はやる気へとつながります。だからこそ、欲をコントロールして自分で操るようにならねば。
欲にコントロールされて自分が見えなくなった時は、「欲」の使い方を間違っているのだと思いますから。

一部の政治家さんや国の影の支配者たちはこれに当たるのではないでしょうか。
意欲にあふれ、この国を変えたいと言う純粋なスタートを切ったはずが、長いものにまかれていって、欲望の渦の中をさ迷う事となる。

「物欲・禁欲・色欲。」この3大欲に支配されて自分が見えていない方々、沢山いるような気がしますね。どうか、もう一度スタートした時の様に純粋な意欲へ改心してほしいものだと思います。

へちま水

2012-03-16 by admin

昔は化粧品や化粧水にすごいお金をかけていました。
学生時代からニキビが悩みで、肌のお手入れ方法もよく分からなかったから、どうしたらいいか分からなくて…そんな時に友人のお姉さんが化粧品の販売をしているので、お手入れ方法を教えてくれる事に。

お姉さんの自宅に招かれて、初めてのエステ。そして肌のお手入れ方法を教えてもらいました。そんな交流が何年か続いて、アルバイトをするようになると、お姉さんは化粧品の営業をするようになってきました。
今までお世話になってきたし、買うならお姉さんの所で買おうと決めていたので、何も考えずに高級化粧水を月に一本のペースで買っていました。

基礎化粧品として、化粧水、美容液、乳液の三本セットで月に1万5千円くらい使っていましたね。大好きなお姉さんだったので、お姉さんのためにお金を使うと思ったら痛くはなかったし、今も後悔はしていません。

しかし、大人になって、自分でドラッグストアや化粧品屋さんに行くと、化粧水でもピンからキリまであって、これからはお姉さんの所は卒業して自分で選ぼうって思うようになり、色んな化粧水をつかってみました。

安いものは、妙に油っぽかったり、肌触りがよくなかったりするものもありましたが、ほとんど「差が分からない」と言うのが答えでした。

そんな中、肌の綺麗な友人が居て、化粧水何使ってる?ってきいたら「へちま水」って言うんです。「おっ!新ジャンル」と思って話を聞くと、おばあちゃんが昔から愛用しているへちま水しか使った事ないよっていうんです。

その後、友人からプレゼントしてもらったへちま水を使ってみると…これまでに感じたことのない使い心地で、化粧水一本で「モチモチ」に保湿されます。
「これはスゴイ!!」と思って、裏書にあった電話番号へ直接電話して問い合わせた。なんとも「へちま」の名産地で手作りされているものだと言う。
電話注文で発送してくれると言うので値段を聞くと…

一本420円!!!

驚きの安さでした。「ゼロが一つ足りないのではないか」と心配したが、420円は嘘ではありませんでした。友人のおかげで、品質も良く、値段も安い最高の化粧水に出会えました。「へちま水」を使うようになってからは、不思議なくらい肌トラブルがありません。

これからも長く付き合えるパートナーになりそうです。

幼稚園でもモンスターペアレンツ対策?!

2012-03-05 by admin

今週末、娘の発表会「ひなまつり会」があります。
昨日はプログラムや席順表をもらってきました。

娘の幼稚園は全園児で300人を超えるマンモス幼稚園のため、
発表会は町の大きなホールを使って行われます。
運動会など保護者の席が指定できない行事には、
朝4時から多くの保護者が並んで席を取る幼稚園なので、
発表会の際には混乱を起こさないように、保護者には各2席ずつ席が指定されます。

また同じような席に偏ることのないように、
発表会ごとに学年ごとで前部、中部、後部の移動があります。
2学期の発表会で前部だった場合には、3学期には中部になるといったような感じです。

そして個々の席を決定するのは、何と園児自身なのです。
このことを初めて知った時、私は驚きました。
園児は発表会中、親と一緒ではなく、それぞれ控え室で過ごします。
そのため親が観覧するためだけの席を、
毎回園児がくじ引きで決めることになっています。
そのくじ引きは、折りたたんだ紙に番号が書かれているそうです。
親としてはいい場所で、ビデオを撮りたいと思うのですが、
自分の子供が引いた席とあっては文句もいえません。
その仕組みを初めて知ったとき、
よく考えられているなぁと、関心してしまいました。
席順表をもらうまで、私たち親はドキドキものです。

子供を育てるようになって、モンスターペアレンツという言葉を知りました。
私の子供のころには、聞かなかった言葉です。
出産する子供の数が少なくなった現在、
少ない自分の子供を大切に育てたいという気持ちはよくわかります。
私自身もそうだと思います。
しかし幼稚園や先生に対して謝ることはあっても、
私自身は子供をお願いしている立場だと思っているので、
詰め寄って何かを訴えたりすることはありませんし、
そうしたいと思ったこともありません。
おそらく幼稚園がそのような事態にならないように、
気を遣われており、配慮されているおかげだと思います。

自分の子供が可愛いあまり、行きすぎた行動に出ることのないように、
子供のために私自身も気をつけていきたいと思う今日この頃です。

子供が可愛いあまりに、息子を5年間も医学部予備校に通わせているお母さんを知っています。
さすがに受からないと気付いて、普通の大学に入ったみたいですが。
親のエゴも悲しいものですね

WordPress.org Powered by WordPress | Theme MMCrisp © 2010 - mastermute.com